めっちゃ子育て☆

楽して子育て(^^ しんどいことはしな~い♪ めんどいこともしな~い♪♪ まずは自分が楽しんでなくっちゃ子供だって楽しくないはず(イイワケ!?

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て論終了!お騒がせしました(^^;

かなり個人的なお話だったのに、たくさんの方々に共感していただいて嬉しかったです。
ありがとうございました!(^^
最後に、いただいたコメントで「素敵!」って思ったのがあったので、思わず載せちゃいます♪

>子どもを育てることが、こんなにストレスになる・・・そのことに全く気付いていない人が多すぎますよね。
「母親だから」で全てが済まされてしまう。

>子どもが悪いことをしたとき、その場で叱っていました。
それが周囲に不快であろうとも、子供にとって後から叱られるのは不条理だろうから。

>周囲にいる人の顔色をうかがいながらでは、本来の意味での「躾」にはなりませんよね。大人の事情で子供を振り回すのは、私も反対です。

>学級崩壊の話も、実感できました。

>子育ては、どろどろできれいなものではなくて、理想論を押し付けないでほしい、そう思います。
(と、ブログのコメント欄に書くべきかなぁ~。
 書くと炎上しそうで......)


ちなみに私のレス↓

>激しく同感です(ToT)
世の母親はみんなそんな風に子育てしたいと思ってますよ~
日本の未来を担う子供達やねんで!
なんであんたら協力せんと、大人の都合ばっか押しつけんねん!(ToT)
将来年金とかで支えてもらうんやろ!?
…って、思ったりしますよ(笑)
ま、絶対言いませんけど(ん?言ってる?
けど、そんな住みにくさっていうか…正しかろうことが、迷惑がられたり、なんていうかな…親の謙虚な姿勢からも学ぶことはあると思うんですね。
実際子供っていっぱいマナー違反して迷惑なんだし、堂々と「子供なんだから仕方ないだろ」ってわけにもいかないし…
叱ることも迷惑になるから、外で叱らせないでねって子供に教えるのも社会勉強なんだと思います。
叱らないですませるためにスーパーに入る前に「走らない」「大声を出さない」「商品をさわらない」「お母さんのそばにいる」「お母さんが1回買わないって言ったら買わないから駄々こねない」「おやつを選ぶのは最後だからおとなしく待ちなさい」っていう約束を毎回してますよ…
毎日しんどい…(-_-;)
こんだけやってても言う事聞くかどうかは機嫌次第だし、人前で本気で叱る時はホンマ仕方なくてやってるんですけどね~
それでも迷惑って言うか…みたいな(ToT)
ある程度開き直りも必要だと思う今日この頃です。
でないと母親業ストレス多すぎて誰もやらないよ…


私のレスはおいといて、このコメントは嬉しいというより、ちょっと感動しました。
本当は言いたい!!って思ってることが(ママ友としか話せないことが)凝縮されているw


あ、そうそう、なんとなく報告ですがこのブログは「mixi」と「サバイブsns」と「twitter」と「gumi」にくっついてます。



今日のこと。
とんでもなく暑かったですね!!(><
ママ友3人が遊びに来てくれて、リビングに母4人&子供8人!!
さらに熱気がっっ!!
ってことで、ガレージに子供放り出してみんなでプールしましたw

私も勢いで飛び込もうかな。。。とか思った一日でした~♪

(旦那はpcルームで謎の効果音を聞きながら夕方までお仕事して出勤?していきました。。。ごめんね><)






スポンサーサイト

子育て論3

http://desk-theory.jugem.jp/?eid=227#sequel

まず最初に言いたいのは、そんな強い母親ばかりじゃないということです。
怒られても胸を張って。。。と言いますが、子育ては迷いながらやるもので、正しかったのかどうか結果が出るのは最低でも20年先なんです。
「これが正しいんだ!」なんて今この状況で(4歳と2歳)言えるわけがない。
この子たちが無事まともに成人して初めて胸を撫で下ろすんです。
子育てはその子によって正解が違うものです。
うちの子にはうちの子にあった子育て方法があるし、それは皆に勧められるものではありません。
厳しく叱って伸びる子もいれば、叱ればただ自分の殻に閉じこもってしまう子もいます。
でもそれはずっとじゃなくて、年齢によって変わります。
ずっと同じ方法で育つわけでもない。
そのうち「正しかった」ことが「間違った」ことに変わる事だってあるんです。
母親は臨機応変に対応していかなければなりませんが、だからこそ常に考え、迷いながら育てているんです。
「今この叱り方でよかったかな?」「こうやって褒めてあげたほうがよかったかな?」って、でもそれだってあっているとは限らない。
わざと親に反抗したりする時期が繰り返しやってくるんですが、その意味だって読み違えないようしないと子供がへんになります。
甘えているだけなのか、なにか全く別の不満があるのか。。。だけどすぐにはわかりません。
機嫌の悪くなる子供を見て、「あ~。。。どうやら失敗してるらしい(--;」と気づいて方向転換をしたり。。。

そんな状態での子育てを、自分より上の年齢の人に「間違ってる」もしくは「迷惑だ」と怒られて、それでも胸を張っていられるのは、よほど強靭な心臓を持ってないとできないと思いますよ。

子育ての現場を知らない人に、こういう母親の状況を考えてほしいって、そんなの無理だと分かっています。
ですから、「ここまでやってるのに」というのはもちろん身勝手な「自分の理屈」だということも分かってるんですよ。
「努力と結果は見合わない」。。。その通りだと思います。
結局、子連れでない方は誰にも迷惑をかけていないのに対して、子連れの母親は皆に迷惑をかけているんですから「謙虚な姿勢」でいることは当然で、迷惑行為を指摘されるのも仕方ないのでしょう。
それが当たり前だから、母親は強く、子供の前で常に正しく堂々としていて、怒られてもそんな痛快な言い返しをする。
。。。って、まぁ、そういうのを求められるのでしょうが、実際子供を育ててる立場に立ってみると傷つくんですよ。

子連れでない方々の意見は間違いなく正論です。
いやな思いをしたくなければ、10歳以下の子供を連れた母親は外にでるな!とか,もし喧嘩でもすれば最終的にはそんな話で終わりそうです。
迷惑なのは子連れのわたしたちですから。。。でもそういうわけにもいかないじゃないですか。
子供にとっても、母親にとってもよくないってことは想像していただけると思います。
迷惑な時間に電車に乗ることも、ディズニーランドで叱らなきゃいけない場面になってしまうことも避けられない。
その時「すみません」の一言が出ないのは、ただの言い訳です。
疲れていたり、「いつものこと」と気を許してしまっていたり、なんにしても自分への「甘え」に違いないと思います。
もっと向上心をもって、「良い母親」であるべきで、腹を立てたりショックを受けたりしてる場合じゃない。

そんなこと分かってて、「腹が立つ」し「傷つく」んです。
母親も子供の年齢分しか母親を経験していない人間ですから。
子供をもったことはなくても、みんな子供を経験しているのだから、どうしてもう少し寛大になってくれないんだろう。。。って不毛なことを考えるんです。
より良い子育てをしたいとか、母親自身が精神的に健康でありたいんだって、ただそれだけのことに何故ここまで周囲の人間が冷たいのか。。。って、分かってても悲しんだりするんです。
これを主張することが難しいんだと分かってもらえるでしょうか?
自分の方が迷惑をかける立場だから、主張すれば最終的に「(叱らなければいけないような)子供を連れてこんなところへくるな」になると分かっているからです。
さらに反論することもできますが(子供のための子育てを振りかざせば)、喧嘩になった場合相手によっては子供に危害を加えられるかもしれないから、それだけは絶対に避けたいんです。

がんばってる姿を見せなくちゃいけない。。。でも常にそうするのは不可能です。
80パーセントの力で、と言いますが、普段の生活なんですからすでにそうなんですよ。
でも傷つくんです。
「子供に示しがつかない」とういうのは「子供のための理屈」です。
愚かではないといいましたが、うちの子は4歳と2歳です。
目の前で起こったことがすべてです。
こんなややこしい、大人同士ですら分かり合えない事情を理解できる年齢ではありません。
母親が攻撃されれば不安定にもなります。
それは笑顔で「大丈夫よ」といってもすぐに消えるものではありません。
母親にとって子供が一番大切であるように、子供にとっても母親は世界のすべてなんです(今は)

また私、言い訳をしましたね(^^;
80パーセントでがんばるのも自分への甘えだし、常にがんばっていられないのも言い訳ですね。

>「慣れてしまうこと」や「疲れてしまうこと」に関しては、消極的に「今子どもを嗜めること」を「しない」と「選択した」んだと思います。でも、自分が「選択した」ことに無自覚だから、「そんなこと言われたって」となるんじゃないかなと。
これは子育てとかに限ったことではなく、みんなやってしまいがちなことなのですが、「自分が選択してしまったんだな」と思えば、素直に「すみません」って言える気がしませんか。

わかってても難しいですね。
心がけてはいるんですが。。。がんばってもがんばっても言うことを聞いてくれない時期や、いつも家ではできることが外に出ると興奮しちゃってできなかったり。。。
「選択した」というより、ちょっと一息ついた瞬間思いがけないことをやらかしてるのが子供です。
それを許したわけではない。。。っていうのも多いんですよ。
あっという間の出来事なんです。
一瞬たりとも気を抜くなと言われればそれまでですが、なんとなくそんなもんかな~と思っていただけたら嬉しいです。
そんなこといってたら80パーセントでなんかいられないですよね。
80でいるということはつまり、「非難されること」を受け入れなきゃ仕方ないと思って過ごせってことだと思います。
そこまで人間できてないです。。。

不完全さは肯定できますが、その上で「辛い!もうちょっと分かってくれ」っていう感覚が伝わらないのが悲しいです。
リタイアできないマラソンを始めたからには、ベストを尽くそうと必死です。
ちょっと気を抜けば野次が飛んできまくって、時々「私なんでここまで言われなくちゃいけないんだろう。。。」って落ち込むだけですよ。
子供を産むことは間違ったことではないのに、理解者は少ない。
助けてもらえない現実は分かっていても「助けてほしい」って思うこともあるって言いたいだけです。










子育てについて。。。2

http://desk-theory.jugem.jp/?eid=226#sequel

毎度ありがとうございますw
謙虚な態度でいるって大切ですね。
「子供を連れているからうるさくてごめんなさい」は必要な言葉だと思っています。
実際そう思います。
どこへ行ってもうちの子迷惑だな~って。。。
同時に「子供がいるんだから仕方ないじゃない」も思いますね。
疲れてますからね、いつものことで。
母親は慣れてしまうんですよ、いつもうるさいから。
迷惑に思われるだろうっていうレベルが他の方とだいぶずれてしまってると思います。
もちろんただの言い訳です。
母親で、迷惑かけてるから、いつも愛想良くして、「この人だったら許してあげよう」って思われるように常日頃から心がけているって。。。子育てしながらこれを実践するのはめちゃくちゃ大変です。
そうありたいと思いますよ、もちろん。
そうでなきゃ傷つくのは自分だと分かってます。
そういう態度でいることが子供にとってもいいお手本だということも分かってます。
だけど、もうちょっとこの苦労をわかっていただけないか?といつも思ってるのも本当です。
エレベーターのない駅の階段をベビーカーかついで子供二人抱えて往復してたって、周りの人間は冷たいもんです。
別に助ける義務なんてないんだから当たり前ですけどね。
それに自分の子供だし。。。
たいてい手を貸してくれるのは、同じように小さい子がいるお母さんです。
変な世の中だな~と思います。
やっぱり育ててみないと分からないってことなんでしょうね。
子供がなにかやらかした時、「怒られても仕方ない」と思うと同時に「小さい子なんだから仕方ないじゃない」って思うんです。
確かに怒られても仕方ない状況なんです。
だけど、ここで怒らなきゃ仕方ないんだろうなとか、あの人も迷ったんだとか、ちいさい子への躾なんだから仕方ないとか、どうして思ってくれないの?って思うんです。
ディズニーランドの件は私自身の話ではないので、その人が周りの目にどう映ったかはわかりませんが、いつもは謙虚な方ですよ。
トイレまで連れて行って怒ってるのも、周りに迷惑をかけないように配慮したんでしょう。
母親が(当然だといわれるでしょうが)謙虚な姿勢でいたって、周りはその気持ちも汲んでくれない。
だから子育てしづらい世の中なんだと思います。
想像力がたりない。。。迷惑かける立場の者がこんなこと言ったらまたものすごい怒られるんでしょうね。
みんな、元は子供で、迷惑かけて育ったのに。。。
あとは、「怒られても仕方ない」とは思いつつ、「子供の前で怒られちゃ示しがつかない」とか思いますね。
子供にとって母親は絶対でなきゃいけないのに、もうちょっと言い方ないの?って。
これ教員やってた時に本当に困ったことなんですけど、うちのクラスの保護者にちょっとモンスターな方がいて、「担任の言うことなんか聞かなくていい」って子供に言っちゃったんですよ。
クラスの中でその子はたった一人、もう何を言っても私の言うことなんか聞かなくなりました。
その子にとって「担任は母親の下」になってしまったんです。
学級崩壊の始まりです。
「あの子だけ担任の言うことを聞かなくても怒られない」
いまや先生はサービス業ですから、体罰も長い(ストレスになりそうな)お説教も、教室の外に連れ出すこともできません。
皆で歌ってても、お絵かきをしていても、その子は座らず走り回る。
注意しても「だってお母さんは言うこと聞かなくていいって言った」
他の子も真似して騒ぎ出すけど、注意しても「じゃ、あのこはなんで走ってていいの?」
まぁ、今回は自分の子ですから他にいくらでもやりようはありますけどね。
うちの場合、夫婦でもその約束は絶対なんです。
「どちらかが怒り方を間違えても、子供の前で指摘しない」
権威を失ったり、父と母のどちらかが極端に上だったり、そのまま夫婦喧嘩になったらいけないからです。
当たり前のような気がするんですけど、今は違うんですよね。
そこまで考えてくれと思う方がおかしいのかな。。。
怒られたことで「ムカつく!」とも思うし、同時にどうしたらよかったのかと考えるし、これもいい経験なんだと思います。
でもいつだって「ベストを尽くしている!」つもりなんですよ、これでも(^^;
まだまだ未熟者です(--;

子供を育てるってこと

http://desk-theory.jugem.jp/?eid=222

この考え方はとても理想的だと思います。
世の母親が皆こうであればいいな~。
その周りの人たちが、母親の行為の意味をもっとよく考えてくれたらいいな~。

☆体罰について

実際私も「適切な体罰」は必要だと考えています。
言葉の意味を理解できない子供にくどくどお説教をしても伝わらないからです。
もとろんそのお説教を「嫌な時間」と感じることはできるから、繰り返せばいつか理解するでしょう。
だけど、それじゃ間に合わないことだってある。

「生命の危機」と「周囲の人間に迷惑をかけること」です。

たとえば、信号が赤なのに道路に飛び出す行為。
信号を理解できるようになるのは2歳頃。
飛び出せるのは1歳頃。
いつか理解してくれる。。。といってる間に事故に遭っちゃう(><
意味はともかく叩いて痛みで分かってもらって、「これをしたら怖い!」って思っててもらわなくちゃ、母親が「とまりなさい!!」って叫んでも止まってくれないです。
子供の命を守るために、ある程度母親は怖くなくちゃいけない。
手をつないでいれば一番いいけど、できないこともありますよね。

お友達に怪我をさせるようなことも、直前で止まってくれなきゃ取り返しのつかないことになる時だってある。
滑り台の階段で、もしも我が子がお友達をぬかすついでに押したら。。。
考えたらゾッとします。。。
でもいつもいつも傍にいられるわけじゃない。
4歳にもなればお友達と公園中駆け回ってます。
下の子も放っておけないし、お兄ちゃんと同じところでばかりは遊んでくれません。
遠くからでも「やめなさい!」って言えばすぐさま止まってくれるように、ここまで育つ前に体で覚えててもらわなくちゃ、危なくて公園なんか行けない。

だから私は、自分の子が自ら危険に突っ込んだり、他人に危害を加えられる年になったら、ちょこちょこひっぱたいたりして育ててきました。
子供たちは私が怒ったらめちゃめちゃ怖いことを知っているから、道路をわたる時は絶対に私が隣に来て「いいよ」って言うまで待ってます。
ナ~ポンが前を走って行っても、安心してハジュと手をつないで歩いていられます。

叩くことがいいことだとは思わないけど、それでしかわからない年齢はあると思う。



☆周りの状況について

体罰がなにもかも暴力だと騒ぎ立てられ教育現場はえらいことです。
少子化で子供のいない人も増えて、実際の子育てを理解してくれない大人も増えました。
子供の卒乳時の夜泣きで通報された経験もありますからね(TT

ディズニーランドで、ほしい物を見つけて駄々っ子になってしまった我が子があんまりしつこいので、トイレまで連れて行って怒鳴ったら、「こんなところで子供を叱るな!!」と怒られた友達がいます。
確かに場所は「夢の国」です。
子供の泣き声だって、母親の怒鳴り声だって聞きたくないですよね。
だけど躾に休みはないです(TT
トイレまで連れて行って叱ってるんです。
配慮したんです。
母親だって叱りたくて叱ってるんじゃないです。
ここで、場に配慮しまくって、ただ泣きやませるために買い与えてしまったら、次から子供は「駄々をこねればいつかきいてもらえる」と思ってしまうんです。
スーパーのおやつコーナーで駄々をこねられる毎日が待ってるんです。
母親は一度「だめ」と言ったら、最後まで貫き通さなきゃいけないんです。
どうか分かって(TT

そこまで考えちゃくれないんですよね。
考えてくれる人もたくさんいますよ。
だけど考えてくれない人の一言は、日々迷いながら子育てをする母親にすごいショックを与えます。
「やっぱりこんなところで怒っちゃいけなかった?」「今日だけは特別にしておいて、明日からのスーパーではまた叱ればいいの?」
って、その友達は半泣きで問いかけてきました。
「いやいや、そんな毎日違う対応されたら子供が戸惑うと思うけど。。。」
って答えましたけどね。
だけどそれが正しいことって思ってても、これが続くと私だって心が折れます。。。

電車に子連れで乗ってる人が、若い女の子に「うっせーよ!だまらせろよ!しばくぞ!!」って怒鳴られてる現場見たりね。。。
赤ちゃんなんですけど。。。

エレベーターにベビーカーで乗ったら、思いっきりため息つかれたりね。。。

叱るってことから遠ざかってるけど、こんなことがよくある日常で、堂々と子供を公衆の面前で叱るのってホント勇気が要ります。
だから叱らなくていいって言ってんじゃないですよ。
どんな状況でも母親なんだから叱らなきゃいけないですよ!
私はずぶとく叱ってます。
だからよく知らない人に「そんなに怒らなくてもいいんじゃないの?」「まだ小さいのにかわいそうに」とか言われてます。
心の中で「うるさい!ほっとけ!じゃ、あんたが躾けてくれるんかい!!」と叫びまくってます。

ルールや礼儀が身についてなくて苦労するのはうちの子。
子供が誰かに迷惑をかけた時、責任をとるのは私。

だから私がしっかり叱らなきゃ。
そのことについて、なんで他人にいらんこと言われなきゃならないんだろう。。。
私だって泣きそうなんですけど(TT




とか、自分の保育論を語ってみたりしました。
こうして読み返すとほとんど私の母親からの受け売りですねw
やっぱ似るんやな~
でもやっぱこうやって育ててもらって良かったって思ってるんですよ。
夏目さんのブログにも書いてあったけど、私がこうやって育てられて「よかった」って思えるのが、私の正解なんですよね。
当時は「お母さん怖い」が強かったけど、おかげで大きな怪我もなく、他人に(極端に)迷惑をかけることもなく。。。
それから「お母さん怖い」って思ってて「よかった」と思うことがもうひとつ。
親に向かう反抗期がなかったこと。
「くそばばぁ」とか怖くて言ったことないよw
精一杯の反抗がお母さんを部屋の外に押し出したことwww
親を傷つけるような言葉を吐かなくてすんで良かったと、母親になった今、ものすごく強く思います。



幼稚園の先生を経験して、保育士の資格も持ってて、母も祖母も保育士って環境で育ってるのに、やっぱり子育てって難しいです。
子供を叱る母親に「そんなに怒らないで」って、これショックだけど「必要かもな~」とも思うんです。
世の中虐待をする母親もいるからね。
こうやっておせっかいに声をかけるおばちゃんも、歯止めになるのかもしれない。。。とかね(^^;
ベビーカーで乗り込んでため息をつかれることで、「迷惑がられてる」ことを知って、めちゃくちゃ隅によるように配慮できるようになるとか思ったり。。。
子を育てると同時に母親も成長しなくちゃいけないから。

でも人間だからね。
今日の私怒りすぎって、夜子供の寝顔見ながら泣いたりする日もあります。
今日の私非難されすぎって、腹が立ったり悲しかったりする日も多いです。

こういう母親の心境や子育て事情を、知った上で周囲の方々が、その親子のためを思って声をかけてくれたらいいな~と思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。